トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

不登校になった時のこと。ひよりの場合。その②

 f:id:hiyori--himawari:20210711195038j:plain
こんにちは(^^)。ひよりママです。

26歳の統合失調症の娘ひよりと家族に関するブログを書いています。

 

不登校になった時のこと。ひよりの場合。その①の続きを書きます。

ブルーの文字部分は、精神科医に初めてご相談した時に読んでいただこうと持参したひよりの経過記録です。

 

詳細

7月末

*学校で志望大学模試があった。試験中、廊下に置いてあったカバンの中の携帯電話がなくなる。なくなった携帯電話から、クラスメイトのTさんにメールが入ったとのこと。(誰かがひよりになり済ましてメールを送信した。)その後NTTドコモさんにご連絡して、ロックをかけていただく。盗難届を出したが、携帯は見つからなかった。)

 

*ひよりが担任の先生にご相談したところ、「携帯電話を持ってきたおが悪い!!メールを受信した友人にも迷惑をかけた!!」とかなりきつく叱られたとのこと。帰宅後、激しく泣いた。初めて過呼吸の発作を起こした。「確かに私が悪い、しかし盗んだ人が1番悪いと思う。なのに、なぜ私だけあれほど怒られないといけないんだろうか。」と泣き続けた。なだめても興奮が収まらず、しばらく過呼吸発作が続いていた。(携帯電話は学校規則で禁止されていて、ほとんど使わないのですが、その日は休日であり、私と送迎の連絡を取り合うために待たせていました。)

 

*「学校で、携帯を盗んだ人が私の周りにいて、普通に話しかけてきている。」「私が先生に怒られるのを素知らぬ顔で見ているんだ。」「怖い!嫌だ!人を信じられない!」など同級生に不信感を持っている様子だった。(その日模試を受けた人数は、限られていた。)


8月5日から8月10日

*〇〇ホテルにて学習合宿。帰宅時「勉強は楽しかった。集中して勉強できた。クラスメイトと相部屋だったので、5日間熟睡できないのがきつかった。同室の人には嫌な人はいなかった。」などと話していた。

 

 8月11日から15日

*夏休み。比較的リラックスして過ごす。受験に対する意欲はあった。


8月16日

*志望大学模擬試験の直前、過呼吸発作を起こし、試験を受けることができずに帰宅した。本人がひどい貧血のようだと言うので内科を受診する。受診時、医師に「最近ずっと眠れていない。」と訴える。精神安定剤を2分の1錠飲むようにと言うことで、4錠処方していただく。「ストレスが溜まっているようですね。ゆっくり休んでみてください。」とアドバイスをいただいて帰宅。

 

8月18日、19日

*模擬試験を受ける。生活音に過敏になりイライラしている様子があった。
*ストレスのせいか蕁麻疹が見られた。

 

8月下旬

*8月21日の始業式以降、登校したり休んだりを繰り返していた。夏の課題が終わらず、提出しないと先生に叱責されるからと、宿題に取り組むために休んでいた。

*登校できた日、物理の時間に先生から

「ひよりが宿題をしていない。全体責任だ。罰としてクーラーを1時間止める。文句があればひよりに言え。」と言われ、クラスのクーラーをとめられ、クラスメイトから責められたとの事。

「宿題をしないと学校行けない。」と泣いていた。

*体育祭準備について、友人と電話連絡を取りながら積極的に取り組んでいた。休みの日、1日中打ち合わせに出かけて楽しそうだったが、夜になると心身ともにかなり疲れているようだった。

 

9月3日

*朝起きることができず、クラス全員参加予定の体育祭の準備時間に間に合わなかったことから、全く登校しなくなった。
*登校準備をする事はあるが、トイレから出て来なかったり、お布団をかぶってしまって動かなかった。話しかけるとイライラした様子だった。
*担任の先生からお電話をいただいた。ひよりは嫌がっていたがなんとか電話に出て、「夜は学校に行こうと思うが、朝になるといけない…。」と伝えていた。

*「人が嫌い。人と一緒にいると気をつかう。クラスの人に合わせるのがきつい…〇〇高校は嫌い。」などと言っていた。
*今までの娘とまるで様子が違う。食欲がなく、元気もなく、痩せていく。学校よりともかく元気になるのが先決と考えた。

 

9月8日〜

私自身が民間のストレスカウンセリングの先生のところに、ウンセリングに通い、ひよりとの接し方等についてアドバイスをいただいた。娘も誘うが「お母さんが行ってきて。」と行こうとしなかった。

(病院や薬物療法否定派の民間カウンセラーの先生でしたので、精神科受診の機会をもって、ご相談するのをやめました。カウンセラーの先生はよく話を聞いてくださり、途方に暮れていた私の気持ちは一時的に救われました。ありがたく思っています。しかし、ひよりの場合は専門医に相談するべきだと判断しました。 R3年7月11日追記)


 9月19日

*担任の先生からお電話をいただく。「ひよりが登校した時、強く叱って申し訳なかった…信頼関係がガラガラと崩れたのを感じました……。」とのこと。悪循環が続いている。このまま無理して登校を続けると精神状態が悪化する気がした。「もう、学校への復帰は無理かもしれない。受験や登校より大事なのは、歩実の心の健康を取り戻すことだ。いつかきっと元気になる。ゆっくり焦らずに行こう。」と家族で話し合った。

*部屋を締め切りほぼ1日ベッドに横になっているが、本人は「休めない。眠れない。」と訴える。食欲なし。飲み物はよく摂っていた。
*夜は電気をつけないと怖がり、不安になる。内科で精神安定剤を追加処方していただき、ひよりに内服するかどうか確認した後、希望すれば内服させた。安定剤により気分が落ち着くと話していた。


9月下旬

*土日の学校が休みの日は少し元気になり、夕方は起き上がるので、お洋服屋さんや本屋さんに誘い出した。ほとんど断られるがたまに応じた。しかし、2時間くらい行動するとぐったりしていた。
* 9月10月と家族以外とは接触しない日が続く。食事などを除いては部屋を締め切り。ベッドの中で過ごす。心身ともにひどく疲れた様子あり。


 
③へ続く
 

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク