トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

ひより 一瞬だけクラスに戻る!

f:id:hiyori--himawari:20210717221917j:plain

こんにちは(^^)。ひよりママです。

26歳の統合失調症の娘と家族についてのブログを書いています。

今日は4ヶ月ぶりに教室に戻った時のことについて書きます。

 

平成25年1月9日

ひよりは一瞬だけクラスに戻りました。

教室にある自分の荷物を持ち帰る目的でした。

 

センター試験の直前で受験ムード一色の中、

教室で同級生と机を並べて勉強するのは到底無理なので、

とにかく卒業だけを目指して歯を喰いしばって保健室登校を続け、

少しずつ卒業に向けて出された課題をこなしていました。

 

1月9日は電車で学校に向かい、朝6時半に到着。

朝の補習授業が7時20分ぐらいから始まりますので、

クラスメイトが登校する前に......と教室に向かいました。

 

教室に入る前に、足がすくんで激しい動悸に見舞われたそうです。

 

無理もないことだと思います。

 

冬の早朝ですが、すでに教室では沢山のクラスメイトがいて勉強をしていたようで、

 

だいたいの子が好意的に迎えてくれたそうです。

 

「みんなと話したよ。変に気を遣ってきつかった。」と言っていました。

 

仲の良かった子と談笑している時、

体育祭で一緒に準備係を担当していた女子が

「なんで体育祭来なかったの?  大変だったんだよ!!」

と激しい口調で非難の言葉を投げかけてきたそうです。

 

「体育祭大変だったんだろうなぁ。悪かったなぁ。

正直言って私はそれどころじゃなかったもんね…...

でも、私の気持ちなんてきっとこの子にはわからないんだろうなぁ....」と思いながら

「ごめんね....」と謝ったとのこと。

 

 

担任の先生ともお話ししたようです。

 

「先生と話してすごく疲れた。先生が心配してくれるのがわかるので、

こんなこと言うと申し訳ないけど、

先生と話していると気分が悪くなる。

なぜなのか自分でもわからない。

先生を嫌いじゃないし嫌われているとも思っていないのだけど…」といっていました。

 

 

校門を出た後、たまらなく悲しくなって、

激しく泣きながら駅に向かったので、

車で通りすがる人たちがスピードを落としてひよりをじっと見ていたそうです。

 

 

帰宅後、「学校にはもう行きたくない!!」

「 高校に入って良い事はひとつもなかった!!」

と泣きじゃくり、食事も摂れないほど落ち込んでいました。

 

 

ひよりは必死にその日のミッションをやり遂げ、夜には精神安定剤(レキソタン)と眠剤(ハルシオン)を一錠ずつ内服し、眠りにつきました。

 

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク