トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

「大丈夫、大丈夫」ひよりばぁばのおまじない

f:id:hiyori--himawari:20210804123923j:plain

(毎日元気をくれる朝顔さん)

 

こんにちは、ひよりママです。

統合失調症の娘ひよりは、9年前(高校3年生受験戦争中)の

夏休み明けから不登校になり、

翌年精神科閉鎖病棟に入院しました。

 

これまでたくさんの方にお世話になりましたが、

中でも一番の恩人がおばあちゃんです。

 

ひよりパパの母、つまり私にとって義母は、

いつの日も、ひよりと私に温かいエールを送ってくれます。

 

ひよりの様子を見て、もう学校に戻るのは無理かもしれないと思った日、

私の心の拠り所である義母に電話をかけました。

泣きながら話す私に、義母は

「そう、それは心配ね。でもひよりちゃんは大丈夫よ😊。大丈夫、大丈夫😊。」

「それよりひよりママが心配。ちゃんとご飯食べてる?」

「眠れてるの?」

「時間見つけて実家に来てね。ゆっくり話しましょう。」

と言ってくれました。

 

後日、ひよりパパの実家に行き、いきさつを話したのですが、

義母は「ひよりちゃんは大丈夫。学校に行けなくてもなんとかなるよ。」

「元気になればそれでいい。」

「若いんだし、人生これからよ。大丈夫、大丈夫。」

「ひよりママ、辛いね。一生懸命子育てしてきたもんね。わかるよ、わかる。」

「泣きたい時はうんと泣きなさい。」

「でも、ひよりちゃんは大丈夫だからね。だんだーんとね、良くなるよ😊。」

と、涙を流す私の背中を優しくさすってくれました。

義父は黙ってうなづいていました。

 

今は、少し認知症が出ている義母ですが、

ひよりが会いに行くと大喜びしてくれます。

「元気そうね?そしたらよかった。元気が一番。大丈夫、大丈夫。」

「だんだーんとね、良くなるからね。」

と変わらぬ温かい笑顔で包んでくれます 。

 

不安を感じている時、この「大丈夫、大丈夫。」の言葉が

本当に嬉しいし、落ち着きます。

 

私も、心配事があると

母を真似て「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせています。

言霊ってあるんですね。

不思議と、大丈夫かも?ってポジティブになれます。

皆さんもよかったらこの『おまじない』、使ってみてくださいね。

今日は、大好きな ひよりばぁば のお話でした。

愛のある言葉は心にしみますね。

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク