トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

きっと星のせいじゃない

f:id:hiyori--himawari:20210901225647j:plain

こんにちは、ひよりママです。

ひよりが病気になってから、私たちは一緒に沢山の映画、アニメ、テレビドラマをみました。

「きっと星のせいじゃない」も印象深い作品の一つです。

不治の病にかかった若いヘイゼルとガスの
恋を描いた全米ベストセラー小説
「さよならを待つふたりのために」を映画化し、
全米で大ヒットを記録した青春映画です。

ヘイゼルにとってガスと過ごす時間は何ものにもかえ難い宝物でした。

私としては主人公の女の子ヘイゼルのママの気持ちも気になりました。
ヘイゼルが、初めて会ったガスと遊びに行く時、
普通なら年頃の娘が「よく知らない男と出かける」となると
心配するのが先でしょうけど、
とてもうれしそうに微笑むママの気持ち。
共感😊👍。
ママはヘイゼルに、普通の若い女の子と同じように楽しんで欲しかったのだと思います。

それからヘイゼルの言葉も興味深いものでした。
「親には気をつかう。だって、子供にガンで死なれるって(自分が)ガンで死ぬよりも最悪だよね。」

 

人を愛するって
とても大切で、
とても素敵なことだと
改めて感じた映画でした。

ちょうどこの映画を観た頃に、ひよりとそらクンの恋が始まりました。
そのこともあり、この映画が印象深く心に残っています😊。

 

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク