トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

妊娠について考える

f:id:hiyori--himawari:20210913130329j:plain

こんにちは、ひよりママです。
27歳の統合失調症のひよりと家族に関するブログを書いています。
 
今日は、『 妊娠』についての話題です。
ひよりは22歳の頃からお付き合いしている恋人がいて、
その彼と今年の6月から同居しています。
お付き合いが始まってしばらくして、
「私はまだ妊娠できる状況じゃないから、避妊薬を飲もうと思う。お母さん、産婦人科に一緒に行ってくれる?」
と相談がありましたので、ひよりが生まれたO産婦人科クリニックを受診しました。
 
診察の時、病気(統合失調症)のことを説明しました。

O先生は

「そうかぁ。それは大変だったね。でもよくなってきてるなら良かった。というか、全然病気に見えないね。明るいしねぇ😊。」

「いい人に出会えて良かったね。」

「もう22歳だし、二人が良ければ早く結婚したらいいよ。」

「大丈夫。大丈夫。他にも、年に何人も同じ病気の人が出産してちゃんと子育てしてるよ。」

「赤ちゃんができたら、私がしっかり診てあげるからね!大丈夫!」

とおっしゃいました。

 

いろいろと辛い経験をする中で、

ひよりの女性として歩む人生に、少なからず不安を抱えていましたので、

O先生の力強いお言葉が嬉しくて泣きそうでした。

ひよりも安心したようでした。

 

心に響く、思いやり溢れる笑顔と声かけを一生忘れないと思います。

 

それ以来毎月、経口避妊薬を処方していただいています。

ただ、残念なことに、先生がご高齢で後継者がいないということで、
今月いっぱいでOクリニックが閉院することになりました。
(次のクリニックに紹介状を書いていただきました。)
 
ひよりのお付き合いについては、
これから先のことは未定ですが、
専門家の声かけにより『病気を理由に何かを諦めることはないんだ😊』と
ポジティブになれた出来事でした。
 

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村