トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

新たな一歩を踏みだした日

f:id:hiyori--himawari:20210916233908j:plain

こんにちは、ひよりママです。

27歳のひよりと家族に関するブログを書いています。

今日は、初めて通った就労移行支援事業所についての話題です。

2018年の菜の花の咲く季節。ひよりは23歳でした。

 

心身に異変を感じ、不登校となってから5年、

統合失調症と診断を受けてから4年の歳月が流れました。


薬物療法と、月1回のカウンセリングを受け、週の半分はベッドの上で過ごし、調子を見ながら少しずつ外出をしていました。

 

例えば、プール、温泉、ドライブ、カフェ巡り、カラオケ、ギター教室、ショッピング。

USJに行ったり、

f:id:hiyori--himawari:20210916233610j:plain  f:id:hiyori--himawari:20210916233559j:plain

吉方位とアドバイスを受けて、近県への小旅行も楽しみました。(熊本や高千穂など)

f:id:hiyori--himawari:20210916233550j:plain f:id:hiyori--himawari:20210916233548j:plain


それから、土日はお弁当🍙を作ってそらクン(彼)とピクニックしたり、

キャッチボール⚾️したり、少しずつ、そんな楽しく幸せな時間を

過ごすことができるようになっていました。

 

突然どーんと気持ちが沈み込んでしまう😞こともありましたので、

常に調子の波をコントロールしながらのお出かけでした。

 

「そろそろ仕事に出たいけど普通に働けるかなぁ。ちょっと自信がないなぁ...。」
と話していた時に、市役所の福祉課で就労移行支援事業所の方にたまたま出会い、
早速見学させていただきました。

 

ひよりが気に入って「私、ここに通いたい。」と言いまして、

とんとん拍子に話が進み、
色々な手続きや面接を経て、3月6日から通い始めました。

そこは、2017年の11月オープンの就労移行支援と就労支援A型の事業所で、フロアにはパソコンがずらりと並んでいました。


就労を目指しワードやエクセルの資格を取ったり、興味のある資格を目指した勉強をしたり
面接練習その他少しずつトレーニングを行うと伺いました。

 

その日その日を生き抜くことだけで精一杯だったひよりが、

社会と繋がるための第一歩を踏み出したのです。

 

「これからひよりはどうなるんだろう」と、常に心配していましたので

一筋の希望の光が見えた気がして自然に涙が溢れてきました。

私の涙が止まらないものですから、

事業所の3人の職員さんも泣きながら共感してくださいました。

 

ありがたくて、また泣けてきました。


時間帯はウィークデーの10時〜16時。

賃金も月に5万円ほどいただけるということでした。

(法改正があり、その後半額になりました。)


当初は、就労というよりはとりあえず、

不規則な生活を改善することが目標でした。

2017年の3回目の入院後自粛していた車の運転も、主治医の許可をいただいて再開し、

自分で通うことになりました。

新たな一歩のお祝いにおしゃれな水筒をプレゼント。

一歩ずつ。


少しずつ。


今日より明日はちょっとだけ


“楽”


でそして


“楽しく”


なりますように。

 

心からそう願っていました。

「もしかすると、占いを信じて行動したおかげかも?」

なんて、またまたゲンキンに考える私でもありました😅。

toshitsuhiyori.jp

f:id:hiyori--himawari:20210906125549j:plain

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村