トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

アームカットは、無力で価値のない自分への戒め

f:id:hiyori--himawari:20210917195131j:plain

こんにちは、ひよりママです。

27歳の娘ひよりと家族に関するブログを書いています。

ひよりは最近、月曜、水曜、金曜の午後にB型作業所に通所しているのですが、

今日は台風のためリモートワークとなったようです。

私が休みだったこともあり、先ほどちょっと実家に来ました。

 

女の子が家の中にいるだけで明るくなりますね😊💕。

アイス食べながら、他愛ない話をして

「台風だから、そらクンが早く帰ってくるらしい。じゃ、また〜✋。」と帰って行きました。

..............................................................................

 

今日は、2018年(平成30年)の春、

就労移行支援事業所に通所し始めた頃の話題です。

3月末の受診の際に、M先生に、嬉しくて心を弾ませながら報告しました。

 

「3月6日から通所を開始しました。今の所皆勤です!」

「昼夜逆転はすぐに改善されました。以前は半日くらい寝ていたのに、今は8〜9時間です。」

「久しぶりに家族以外の人と触れ合い、とても楽しそうです🎵。」

 

M先生

「無理をしているかもしれませんね。

無理をすると、そのうち疲れがまとめてやってきます。

通所は、休み休みいきなさいと本人にも言いました。

調子のいい時は、周りが少しブレーキをかけるくらいが良いのですよ。

焦らず、ゆっくり行きましょうね。」

 

先生のおっしゃるとおりでした。

ひよりは無理をしていたのです。

 

受診後数日して、生き生きと仕事をしている友人と食事に行った後、

無力で価値のない自分への戒めだとアームカットをしました。

「お母さん、私が死んだら保険金入る?お母さんはそれで助かる?

同級生は、みんな仕事している。自立している。私は何もできない。

他の人が普通にできることを、私はできない。

私、生きてる意味がない。死にたい。本当に、死にたいよ.......。」

と泣きました。

何気ない友人との会話の中で、ひよりは傷ついていました。

 

「ひよりは大変な病気をしたのに、頑張ってここまで回復できたじゃない。

すごいな〜と思ってるよ。あんなに強いお薬飲みながら、すごく頑張ってるよ。

朝から起きれるようになったし、事業所にも通えてる。

さすがお母さんの子だよ。昔から、やる時はやるもんね!

ひよりが普通にみえるから、友達にはひよりの苦労がわからないんだと思う。

ひよりが辛いこと、頑張っていることはお母さんが一番よく知ってるよ。きっと良くなるよ。一緒に頑張って行こう。

それにひよりの死亡保険は数万円。

お母さんはひよりが死んだら助かるどころか辛いだけだよ。」

 

そんな話をしながら、なだめました。

このときは、翌朝には気分が回復していました。

 

初めて接する事業所の職員さんや他の通所者さんとの関わるだけでも、

今までになかった脳への大きな刺激があり、

同級生に会うと、どうしても自分と比べてしまい、

焦りや不甲斐なさも湧いてきて、

心の中で折り合いをつけるのがとても大変だったと思います。

 

ひよりは本当によく頑張っていました。

もちろん、今も頑張っています😊。

 

..............................................................................

f:id:hiyori--himawari:20210905190954j:plain

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村