ひまわりBちゃんのよもやま話

小さい島で生まれて、今は九州本土(長崎)で暮らしています。寅年の還暦女です。母で、妻で、嫁で、現役助産師『ひまわりBちゃん』の日々の出来事を綴ります。共感していただけたら幸いです。

北海道旅行でのまさかの出会い!

f:id:hiyori--himawari:20210923094951j:plain

こんにちは、ひまわりBちゃんです。

今日の話題は北海道旅行でのまさかの出会い!です。

 

2018年秋、

『秋の北海道 絶景・名湯3日間の旅』の抽選に当たり、北海道への母娘旅をすることになりました。

1人目無料、同伴者1人半額😊。

子どもたちが幼い頃、雪まつりに行って以来のワクワクの北海道への旅でした。

(1日目)

f:id:hiyori--himawari:20210923103902j:plain

f:id:hiyori--himawari:20210923094953j:plain

福岡空港 → 新千歳空港 → ノーザンホースパーク →

登別地獄谷 → 湯けむりのぼる爆裂火口跡 → 登別温泉 登別石水亭泊 

 

(2日目)

f:id:hiyori--himawari:20210923094956j:plain

京極ふきだし公園(名水100選の地)→ ニッカウヰスキー余市蒸留所 → 小樽自由散策

→ 定山渓温泉 →定山渓ビューホテル泊

 

(3日目)

f:id:hiyori--himawari:20210923094958j:plain

札幌時計台 → 北海道庁旧庁舎 → 札幌場外市場 → 新千歳空港 → 福岡

私は、九州地方のとある小さな島の出身です。

このツアーが始まった時から、あることが気になっていました。

通路を挟んだお隣の席に座っていらっしゃるご夫婦の会話です。

ご主人のアクセントが、私の出身地特有のものだったのです。

初日は、「もしかして.....。」

2日目は、「そうかもしれない......。」

3日目は、「間違いない!」

そう確信して、最終目的地に着いた時に思い切って声をかけてみました。

「あの〜。私、ひまわりと申します。○○島の出身なんですが、ご主人もそうではないかと思いまして....。」

「え?そうですよ、○○島出身です。あなたも? どうして分かったの?」

「あの〜、アクセントが...。」

「エーー??島を出て50年以上経つのにねぇ。

(アクセントが)抜けてないんですねぇ。(笑)

ところで、○○島のどこですか?」

「△△地区です。」

「エ〜〜〜〜??僕も一緒。お父さんのお名前は?」

「(旧姓)太郎です。」

え〜〜〜〜〜??太郎兄さんの娘さん??びっくり。わたしは、Hと言います。ご近所ですよ!!もう、両親はなくなって、実家には誰もいませんが。いやぁ、偶然ですねぇ。」

その後、いろいろと故郷にまつわるおしゃべりをし、

連絡先を交換して別れました。

島から本土に渡って生活していると、

出身地が同じというだけで妙に嬉しく心躍ります😅。

アーモンドチョコ並みに、一粒で2度美味しい旅の思い出ができました😊。

娘は、登別石水亭でのカニ食べ放題と、

定山渓ビューホテルのプールつき温泉が一番気に入ったようでした💕。

お読みいただきありがとうございました。

誰もがみんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク