トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

「ワシの金を返せ!」と義父に疑われた件①

f:id:hiyori--himawari:20210729091342j:plain

こんにちは、ひよりママです。

ひよりと家族に関するブログを書いています。

今日は、同居していた義父(ひよりジィジ)に「ワシの金を返せ!」と詰め寄られたときのお話です。

 

一昨年の5月、義母の認知症がすすみ、その上で肩を骨折して日常生活が不自由になったことをきっかけに、義父母が我が家に移り住んできました。

それまでは、私が週2回通って家事をしたり、デイケアやお弁当宅配を利用したりして、なんとか数年2人で暮らしていました。

いずれは同居するつもりでいましたし、家を建てる時から義父母の部屋は確保していましたので、同居はスムーズにスタートしました。

もともと2人は隣県に家を構えて住んでおり、その家に思い入れがありましたし、義母は人に迷惑をかけたくないという思いを強く持っていました。

(義父は昔ながらの人ですので、子どもが自分たちの世話をするのは当然だと日頃から言っていましたが😅。)

義母は夜になると

「いつまでもお世話になるわけにはいかないから、早く帰ろう。」

「家のことなら私はなんでもできるよ、ご飯もちゃんとするから、帰ろう。」

と泣きながら訴えていたようです。

 義母は、ひよりパパが実家を出た後に義父が結婚した人ですので、私たち夫婦に遠慮していたようでした。

私としては、義母が大好きで尊敬していますし、これまでの恩返しの気持ちで喜んでお世話をしていたのですが😅。

 

義父は義母への心配と、認知症による義母の言動へのストレスを募らせていきました。

孫娘であるひよりが、ばぁばへの対応に困っている姿も、義父にとっては辛いようでした。

「おばぁさんは、少しもよくならないし、ひよりにとっても同居は悪影響ではないだろうか。」と悩んでいたようです。

 

認知症あるあるで、排泄物の後始末やお洗濯は日常のことで、

私は炊事の他、毎日シーツや毛布含む大量の洗濯物と格闘していました。

 

7月末になり、義母が私の車に排泄物(大)を漏らしてしまったことがありました。

義母はわずか1分後にはそのことを忘れていたので良かったのですが、義父は

車を清掃している私に「すまんのぅ。」と何度も謝りました。

認知症の義母の介護を引き受けた以上、私としては想定内の出来事でしたので

「いいんですよ🙂。早めに紙パンツを変えれば良かったのに。私こそすみません。でもお母さんはもう忘れているみたいで良かったです。お父さん、気にしないでくださいね。」

と話しました。

 

そんなことがあった次の朝、険しい顔で義父が私に言いました。

「ひよりママ。ちょっとここに座ってくれ。ここにあった(大金)万円はどこにやった?知ってるだろう?ワシの金を返せ!!

うわ!昨日のおもらし事件がストレスになって、ついに義父もオカシクなってしまった??

「ここにお金を置いていたんですか?私はここ、触っていませんけど😅」

「いや、ひよりママしかいないじゃろう?」

知らないと言っても引き下がらない。

引っ越しは一緒にしたけど、そんな大金を運ぶ様子はなかったし、ここに置いていたという棚にはそもそもそんな大金は入らない。

お金の管理は義母がしているんじゃなかった?

そんな大金を貯めれるのかな?いや、ないでしょう。

妄想だな、これは。

だいぶストレスを溜めているんだなぁ、気を遣わせているとしたら申し訳ないなぁ。今までお義母さん中心だったけど、お義父さんの様子も注意してみとかなくっちゃ。

そんなことを考えながら押し問答した結果、

「それでは警察にお願いしてみますか?」

「警察が来たら、お前たちはここで生きていけなくなる。身内の恥じゃ。」

「おじいちゃん、どうしちゃったの?そんなお金があるわけないでしょ。勘違いしてるのよ。ごめんね〜。」

と呆れ顔の義母。

「お前は黙っとれ!」

と険しい顔の義父。

 

埒が明かないので主人を呼んで話をした後、

①コツコツとタンス預金をしていた。

②最近は、義母とひよりの治療費に使おうと考えていた。

③お前たちに迷惑をかけ続けるのが申し訳ないので、自宅に帰り、そのお金を使ってなんとか2人で暮らして行こうかと考え始めていた。

④でも、お金が消えた。盗ったのはお前たちしかいない。返せ!!

と繰り返していました。

 

この後、恐らく義父は私に疑いをかけたまま、私は「妄想が始まった」と思いながら、

1ヶ月ほど過ごしました。そして、ひょんなところから義父のタンス預金が現れました!

その後またまた一悶着あったのですが、その辺についてはまた明日書こうと思います。

この時の私の教訓。

年寄りの話を「妄想」と片づけずによく聞くこと!

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク