トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて8年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

発病直前のひよりの日記(初回入院前)

f:id:hiyori--himawari:20211106162053j:plain

こんばんは、ひよりママです。

「こんな記録があったよ。」とひよりが見せてくれたノートの一部を紹介します。

この頃は、アルバイトに行く以外は、人との接触を極力避けて自室に閉じこもっていました。

重く暗い空気をまとい、食欲もなく表情も乏しく、目を伏せてベッドの上で毛布にくるまっていました。何も考えていないように見えましたが、本人の頭の中は次から次へと色んな考えが浮かび、忙しかったようです。

....................................................................

2013.7.23 12:30(19歳)

他人が感情的になると自分の中の感情がすっと冷める。

なにもかもアホらしく思えてくる。

 

自分たちは地上で這い回るだけの、

小さくて無意味な蟻のような存在ではないか?

この世にあるすべてものが無意味なのでは?

 

さっきまであんなに欲しかったものにも突然、さっぱり興味がなくなる。

ずっと温めてきた考えについても安い妄想だと思える。

 

あっても仕方のない感情や荷物はすべて手放してしまおう。

こんなふうに考える時、わたしはちっぽけな『個』であることを認識する。

それは心臓の力を使ってただ動く、アリンコサイズの機械だ。

生産された意味はない。

 

すべてが無意味だ。

からっぽの世界の中、目の前で起こったことに対して、

その場しのぎで、とりあえず笑ってみせたり悲しんでみせたりしている。

そして心をすり減らしていく。

それが人生だと人は言う。

 

感情なんかただ無意味だ。

表情や意思、好意など、それがいったい何の役に立つというのだろう。

 

2013.7.25 18:00 おとといに追伸

かの抽象画で有名なダリにとって、

蟻は死の象徴だったという。

 

ロマンチストすぎるな。

死ぬとか死なないとか。

真っ白ふわふわのうさぎさんが震えてるみたいで

かわいいもんだ。

死んだほうが楽だと思える

過酷な状況も存在するのに。

...........................................................

あれから8年。発病→4度の入院を経て、少しずつ元のひよりに戻ってきています。

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村