トーシツ ひより

娘が統合失調症と診断されて9年目です。現在、B型作業所でグラフィックデザインや物作りをしています。辛く苦しい日々の中で、経験者の皆様のブログに励まされました。私たちの経験も、同じように悩んでいらっしゃる方々のお役に立てたら幸いです。

宇宙兄弟

f:id:hiyori--himawari:20211216093159j:plain

おはようございます。ひよりママです。

今日は『宇宙兄弟』の話題です。

数年前、ひよりに紹介されて夢中になった『宇宙兄弟』。

『宇宙兄弟』は南波ムッタとヒビトの兄弟が、幼い頃からの「宇宙飛行士になる!」という夢を追いかける物語です。

今日、YouTubeを観るとヒビトの髪型の前澤さんが、シャロン博士(ムッタとヒビトが幼い頃からお世話になった天文学者)とムッタの会話のシーンについて涙ながらに話しておられました。

私も思い出して涙ポロポロ。

ALSという難病のために体が動かせなくなったシャロン博士の車椅子を押しながら、幼い頃のムッタがシャロン博士と生きる意味について話したことを思い出すシーン。

............................................................................

小学生のムッタ「宇宙規模の質問していい?人ってさ、何のために生きていると思う?」

シャロン「私が思うに、そんなつもりはなくても、人はね。誰かに生きる勇気を与えるために生きているのよ。誰かに、勇気をもらいながら。」

f:id:hiyori--himawari:20211216093202j:plain

............................................................................

そして、ムッタは、今までずっとシャロン博士に励まされてきた日々を思い出しながら、後ろからそっと車椅子のシャロン博士を抱きしめます。

涙を流しながらシャロンは言います。「ありがとう、ムッタ。生きててよかったわ。」

 

www.youtube.co

前澤さんのおかげで、闘病真っ最中のひよりと一緒に『宇宙兄弟』に勇気をもらった日々を思い出しました。

お読みいただきありがとうございました。

みんな幸せになれますように😊。

ポチッとしていただけると力になります🙇。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク