ひまわりBちゃんのよもやま話

小さい島で生まれて、今は九州本土(長崎)で暮らしています。寅年の還暦女です。母で、妻で、嫁で、現役助産師『ひまわりBちゃん』の日々の出来事を綴ります。共感していただけたら幸いです。

夫が変わってしまった.......

おはようございます。ひまわりBちゃんです。

ランキングに参加しております。

🌟ポチッとしていただけると嬉しいです🌟

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

お給料日でしたので、久しぶりに夫と二人で外食しました。

今日は、結婚30年目の夫について少し書いてみようと思います。

ひとつ年上の夫は、去年定年退職しただいま求職中です。

夫は昔気質で、頑固、真面目、一本気。

亭主関白(を好む)。

独身の頃から仕事に没頭し、仕事関係者や仲間との付き合い🍺にも一生懸命で、

毎日夜中に帰ってきて、朝早く出勤していました。

ずっとフルタイムで働いていた私は

家事育児の協力を求めましたが

「一人でできなければ仕事を辞めろ。」

「俺は忙しいから協力できない。」と言われ、

必然的に家事育児、義両親や夫の親族とのお付き合いは全て私の仕事となりました。

今でいう、ワンオペ。

いつも殿様のようにしている夫に

「なんでそんなに偉そうにしてるの?」と聞くと

「俺は男だ」と言われ

「へ?男は偉いの?バッカじゃない💢?」

とキレたことも💦。

初めの頃は不満だらけでしたが、

数年経つとそういう生活にもなれるもので、

「家事や育児を手伝ってほしいと期待するからガッカリするんだ。もう期待するのをやめよう。」

「自分には夫はいないんだ。」

「私は大好きな仕事で自己実現をしたい。育児も仕事も両方したい。一度きりの人生だ。きつくても両立しよう。」

と考え、徐々に夫を頼ろうとしなくなりました。

そんな感じで、お互いに大して語り合うこともなく、

かなり心の距離をとったままで30年近く過ごしてきました。

夫が定年を迎え、これからどうなるのかと不安でしたが、

「まぁ1階と2階に住んで、これまでの距離を保ちながらそれぞれの人生を歩めばいいかな。」と考えていました。

ところが定年後1年たち.......

夫がびっくりするほど変わりました

現在夫は、

①週4日ほど夕食を作ってくれる。

②結構お皿洗いをしてくれる。

③毎日、洗濯物を畳んでくれる。

④掃除をしてくれる(ロボット掃除機ですが)。

⑤植木の剪定や、庭の草取りをしてくれる。

⑥両親の病院受診の付き添いをしてくれる。

⑦犬の散歩をしてくれる(私が行けないとき)。

⑧お使い(お買い物など)を嫌がらずしてくれる。

⑨私の好物をよく買ってきてくれる。

ついでに言うと、絶対拒否していたゴミ出しをタマにしてくれる。(男にゴミ袋は似合わないんじゃなかったんか〜い😳?。)

ひょえ〜‼️おったまげ〜👀

まさに我が家の天変地異‼️

最近は、少しずつ会話も増え、

一日の出来事を笑って語り合うようになりました。

こんな日が来たことに、正直言って私が一番驚いています

人は変わるのですねぇ🤔。

特に話し合いをしたわけではないので、

夫の心模様はわかりません。

色々してくれるので、

私の方も「ありがとう」「助かるよ」という言葉が多くなり、

「私は仕事もしながらずっと1人で子育てをしてきた。貴方にはこの苦労はわからないでしょうね💢」と言う思いが、

「夫に子育てをさせてあげなくて申し訳なかった。夫も寂しかっただろうな。」と言う風に変化してきました。

義母が、「あの親子(義父と夫)は気持ちがもともと優しいのよ。

おじいちゃんが年取ったら丸くなったから、

きっとあの人(夫) も変わると思うよ。」

と常々言ってくれていたのですが、本当にそうなりました。

f:id:hiyori--himawari:20220331131005j:plain

シニア2人暮らしとなり、お互いあちこちにガタが来ていますし、

物忘れも増えて、いろんな面で協力が必要なお年頃となってきました。

お互いを尊重しつつ、穏やかな気持ちで、

一緒に生きて行けたらいいなと思う今日この頃です。

いやぁ、人生どこでどうなるか本当にわからないものですね。

お読みいただきありがとうございました。

明日もいい日になぁ〜れ😊。

ポチッとしていただけると嬉しいです🙇‍♀️

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク