ひまわりBちゃんのよもやま話

小さい島で生まれて、今は九州本土(長崎)で暮らしています。寅年の還暦女です。母で、妻で、嫁で、姑🔰。現役助産師『ひまわりBちゃん』の日々の出来事を綴ります。共感していただけたら幸いです。

勝つか負けるか。

おはようございます。 ひまわりBちゃんです。 

🌟ポチッとしていただけると嬉しいです🌟

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

宴会@仲間との思い出話 番外編

もう一つだけ、思い出話を。

ヒンシュク間違いなしの思い出です😅。

 

私25歳。

Y先輩、確か48歳くらい。

昭和の私たちの職場は、急患や重症者が多く、常時かなり多忙でした。

とある深夜勤務の時、Y先輩からゲームの提案あり。

「ねぇねぇ。ひまわりちゃん。今日は競争しよう!」

「何をですか?」

「どっちがたくさん尿が出るか😁。私、ラシックス持ってるの。あなたの分もあるのよ。」

(🌟ラシックス=利尿降圧剤 高血圧の先輩の治療薬だったと記憶しています。)

「良いですよ!私、負けませんよ〜😁」

ということで、私たちは同時にラシックスを飲み、

トイレにある患者さん用の蓄尿瓶の横に瓶を二つ並べてイニシャルを貼り、競争開始!

(今思えば、お医者さんが聞いたら、張り倒されそうなエピソードです🙏🙇‍♀️。昔々のお話ですのでお許しを!)

私たちはお互い仕事の合間に水分をがぶ飲みし、朝までに2人とも凄まじい量の尿を溜めました。

かくして、日勤者の出勤前に2人してトイレへ。

(写真はイメージです)

結果僅差で私の勝利!

👍イェイ👍

トイレで私は小さくガッツポーズ。Y先輩は地団駄(笑笑)。

その後私たちは、誰にも見つからないように蓄尿便を片付けて、

神妙な顔で申し送りをし、勤務を終えて更衣棟に移動。

更衣棟で着替えながら負けず嫌いの先輩は

「ひまわりちゃんのは尿の色が薄かったよね。怪しい。お水入れたでしょ?😏」と疑いの眼差し。

笑笑。

全く二人してアホですねぇ😅。

まだ週休2日ではなく、時間外労働(無休)は当たり前で、

本当に厳しい毎日でしたが、

こんなアホなゲームに興じたりして、

きつかったけど楽しい思い出ばかりの20代でした。

あ、もちろん仕事は手抜きせずバッチリやってましたのでご安心くださいね🙏🙇‍♀️。

お読みいただきありがとうございました。

明日もいい日になぁ〜れ😊。

ポチッとしていただけると嬉しいです🙇‍♀️

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク