ひまわりBちゃんのよもやま話

小さい島で生まれて、今は九州本土(長崎)で暮らしています。寅年の還暦女です。母で、妻で、嫁で、姑🔰。現役助産師『ひまわりBちゃん』の日々の出来事を綴ります。共感していただけたら幸いです。

スラムダンク

おはようございます。 ひまわりBちゃんです。

↓↓↓🌟ポチッとしていただけると嬉しいです🌟

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

♪不確かな夢叶えるのさ 約束の夜に(whoa、whoa)♪

♪微かな風に願うのさ 静寂の朝に(whoa、whoa)♪

今、10ーFEETの第ゼロ感という曲を聴きながらブログを書いています。

『THE FIRST SLAM DUNK』のエンディング曲です♪♪

話題沸騰の映画をやっと観てきました!!

原作、脚本、監督は井上雄彦先生。

バスケットボール🏀に青春を捧げる高校生たちの

人間的成長を描いた人気漫画のアニメ映画版で、

昨年の12月3日公開のこの映画は1月16日の発表によると、

「公開44日間の累計成績は動員567万人、

興収82億7500万円を突破!」だそうです。

 

私がスラムダンクに出会ったのは23年ほど前でした。

腰痛で通っていた整形外科の待合室に置いてあった漫画に

すっかりハマってしまい、腰痛がよくなっても、

スラムダンクを読むために病院に通いました😅。

その後、友人が全巻持っていると知り、

貸してもらって、再び読み耽りました。

当時小学校低学年の子どもたちと一緒に!!

(そんなに好きなら自分で買えよ!って今になって思います😅)

 

映画を観て娘と二人して感動。涙、涙でした!!

まず、オープニング曲のLOVE ROCKETSが流れる中、

湘北のメンバーが鉛筆画で順番に描かれて、正面に向かって歩いていきます。

鍛え上げた筋肉と、ギラリと闘志のこもったメンバーの眼差しがカッコ良くて、

鳥肌が立ちました。

映画全体の背景、沖縄の海のシーン、試合シーンの躍動感、選手たちの表情、セリフ、音、そして無音のシーン。

全部良かったです。

試合結果を知っているのに、最後の逆転シュートの時は、

呼吸をするのも忘れてスクリーンを見つめました。

 

今回の主人公の宮城リョータは沖縄出身だったのですね。

幼い頃、お父さんを亡くし、

その後バスケが上手な最愛のお兄さんを亡くして、

辛くて寂しい子ども時代を過ごしたリョータ。

沢山の苦悩をのりこえて、本当に成長しました。

今回の映画の心に残ったシーンは沢山あるのですが、二つだけ書きます。

一つ目は

山王戦が終わったリョータに、お母さんが、

「お帰りなさい」

「背が伸びたんじゃない?」

というところ。

この言葉には深い意味が含まれていて......

あぁ、思い出してまた泣けてきました😭。

もう一つは回想シーン。

赤木が2年、リョータが1年の頃、試合に負けても平気な顔をしている3年生の、

「カタブツ(赤木)と、問題児(リョータ)。上手くいくわけねぇな。お前(リョータ)は夏までもたねぇ。」との言葉に対し、赤木が毅然と「こいつはパスができます。」と言い切るところ。

赤木のチームメイトに対する強い信頼感と期待が伝わりました。

最初から、最後まで感動の連続の映画でした。

まだご覧になっていない方、ぜひ映画館へ!

感動を分かち合えたら嬉しいです!!

私も、もう一回観てきます!!

お読みいただきありがとうございました。

明日もいい日になぁ〜れ😊。

ポチッとお願いいたします🙇‍♀️

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク